mimojiblog

「マネーリテラシー」と「生き方改革」についてのブログ

人生訓

思考停止は危険な思考

同じ環境にいると、実はとんでもないことをしていてもなかなか気づかないものです。

その行動が自分にとてもマイナスなことでも、「みんなと一緒だし、何がおかしいの?」という感覚になります。

少し視点を変えることにより、自分の行動を客観的に見ることができます。

 

今回は、労働について考えてみましょう。

 

労働に費やしている時間は?

たいていの人は社会人になると定年を迎えるまでの間、人生の大半を仕事に費やすことになります。

そう、サラリーマンなどの労働で収入を得ている人がそれにあたりますね。

 

1日の労働時間が8時間。

通勤の往復で2時間程度。(通勤時間は人によります)

残業+α このように考えると仕事に費やす時間は、1日あたり10時間以上となります。

24時間のうち10時間以上を仕事に持っていかれてしまう。

実に40%以上です。

多い人だと60%なんて超えてしまうのではないでしょうか?

 

冷静に考えるとけっこうな時間であることが分かりますね。

ただ、周りが同じことをしているとそれが当たり前になり、なかなか気づくことができません。

 

常識に埋もれる

周りがみんな同じだと、それが常識となってしまい疑うことをしなくなります。

 

1日8時間も働くなんて一体だれが決めたのでしょう?

1日4時間くらいではいけないのでしょうか?

なぜ週休二日制なのでしょう?

週休三日制ではいけないのでしょうか?

そもそも給料が安すぎないでしょうか?

内部留保するくらいなら、もう少し貰えないのでしょうか?

 

考えれば考えるほど、常識って何なんだろうと思います。

 

常識を疑うことで人生は方向性が変わる

疑うことって凄く大事ですよ。

私は当たり前を疑うことによって、人生の方向性が変わると思っています。

FIREという生き方は、当たり前を疑うことから生まれたのかもしれませんね。

今の労働のスタイルは今の時代の常識であっても、未来の常識であるとは限りません。

 

未来はフリーランスが多数を占めているかもしれません。

ベーシックインカムが導入されているかもしれません。

「過去にはそんなに働いていた時代もあったんだね」と教科書に載っているかもしれません。

 

思考停止は危険な思考。

まずは常識を疑うことから始めましょう!

きっと新しい何かを見つけることができると思います。

 

-人生訓

Copyright© mimojiblog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.